シンプルだけど、自分の心を動かした1つの質問。

僕のブログを一度でも訪れて、読んでくれたことのある数少ないあなたへ。

ありがとう。

 

何を思ったのか、超リニューアルして帰ってきました。

そしてきっと数少ないフォロアーのインスタグラムを見てくれたあなたが興味本位で読んでくれているのだと思う。

僕のこの現状はブロガーとしてはかなり深刻な問題なんだ。

なぜかわかるか?

圧倒的に知名度が低いからだ。

どこの誰が書いたかもわからんブログの記事を誰が最後まで読む?笑

誰かが興味を持ってググったキーワードに当たって、その中でGoogle検索で上位表示されて、やった土俵に立てるこの世界で。ましてや誰もが表現可能状態のこの世界で誰かに読んでもらえる機会を得られることがいかにして困難か。

想像して欲しい。

そして思う。キムタクになりたい。

 

そんなことより、阪神タイガースのクライマックスファイナル進出。

心から信じていた。

そして2019年シーズンを、まだ応援させてくれることに感謝し生涯阪神ファンであり続けることを誓いたい。

 

と言うわけでだ。

またブログを書く。

 

きっかけはメモ?


 

最近ハマっていることはメモを取ることだ。

先週仕事中に取ったメモが再びこのブログを始めるきっかけになった。

タイトルにもなっているがその質問がこ。

 

自分はどう働きたいのか?

 

至極シンプルな問いだけど、なんとなく働く毎日に溶け込んでいた僕には十分なほど刺激に満ちた問いかけとなった。

自分はどう働きたいか?

僕は今24歳だから単純に組織の中で定年まで働くとしたら、残り41年を労働に従事することになる。普通に嫌だと思った。

今は特にこのブログで収益化するような仕組みを取っていないが(アマゾンアソシエイトは見事に落ちてしまった。)来年はブログでギリギリひもじくご飯を食べれるぐらいは稼ぎたい。

ブランディングではないけど、個として生きていけるようになることが今僕が課す至上命題になった。

 

単純な動機なんだが、一つの場所に長く留まるのがすごく勿体無く感じる。

環境に慣れてしまうと、どうしても毎日に刺激を感じなくなってしまい周りと波長を合わせ、適合しようとしてしまう。

そして、そのまま生涯を終えるのがオチなんだろう。

別に悪いわけではない。毎月15日なのか25日なのかに入る給料明細を見て、サラリーマンに生まれてきて良かった。と心から思えれば、それは幸せな人生なんだろう。

 

だけど違うだろ。と、思わせてくれたのが今回記事にした1つの質問だった。

 

このブログの更新はInstagramのストーリーにてお知らせします。

フォロワーの数を見たらきっと応援したくなると思う。

一度見てください。そしてファローしてください。

あなたのファローがこのブログを書く励みになります。

 

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

最新情報をチェックしよう!