About me

 福田真也(フクダシンヤ)

特に変わった名前でもないと思うので、このブログの名前やレイアウトぐらいは少し洒落た感じにしたいなと思い
ローマ字表記にしてみました。ただそれだけなんだが。
トップページを見てもらえればわかると思うが、TripだのCamaraだのとカテゴリー分けしている。
僕は現在静岡県富士宮に住み車も持たないためほとんど旅行に行くこともないし、写真を撮りに行くこともない。
ほとんど更新されないただのカテゴリーだと心得てもらいたい。
ただ学生の頃は旅行によく行ったし、一応Nikonのフルサイズ一眼も所有はしてる。(今では黒くて硬いオブジェになってしまったが)
Englishというカテゴリーもある。今ではほとんど使い物にならないぐらいの英語力しかない。
ただ学生の頃に英語の勉強をしたからカテゴリーに入れているだけだ。もしあなたが英語学習者であれば、僕の気持ちが少しはわかると思う。
しかし、なぜか将来性を感じてしまう。今後他の国で働いてみたいと考えている。
若いうちに海外旅行に多く行きたいとも考えている。
考えてばかりいないで、少しは行動したらどうかと思う。
そしてまた思ってしまう。
ただEnglishというカテゴリーは残酷なほどに競争率が高い。
僕の英語学習の記事を読むよりバイリンガルが書く記事の方がよほど勉強になると自分でも感じてしまうからだ。
だからあまり更新はしたいという気持ちが生まれない。ただ本当に有益だと思うことは書きたい。
生の情報を生み出せるようになった瞬間に書こうと思っている。
もしEnglishの記事を書くことがあれば真剣に面白く書くよう全力で努めると誓う。
心して読んでほしい。

ブログを書くこと。

基本的には、僕が書きたいと思ったことしか書くことはないと思う。
もし書いて欲しいテーマなどがあればすぐにDMを送って欲しい。
そして記事が少しでも笑えたと同時にSNSに拡散して欲しい。
僕が書いていて面白いと思わないことは読んでくれるあなたも面白くないはずだ。
基本的に記事とは
なんとなく全部読んでしまうか、興味をなくしてスワイプしてしまうかの2択になると思う。
ということはだ。
僕の記事は誰に届くのだろうか。
だから僕はキーボードを叩きながら、僕自身が少し笑ってしまうような感覚で記事を作っていこうと思う。
あなたの右の口角が少しあがる笑いとは違うかもしれないし、つまらないと思うことも多々あると思う。
そこは僕が少し右の口角を上げながら書いているんだろうと想像してみてほしい。
きっとSNSで拡散したくなるはずだ。

奇跡の人へ

このブログは2018-7-22に生まれた。そして、2018-12-4に死去。
少し書くことが疲れてしまった。
理由は1つ。みんなに読んでほしい。どうしたら読んでもらえるかを考えすぎた。
考え方を210度程、変えてみた。
どう考えて210度にしたのだろうか。
そもそもこのプロフィールを読んでくれたあなたは僕からすれば奇跡の人なのだ。と。
このネットの時代に、ブロガーと名乗る人がどれだけいるかご存知だろうか。
おそらくたくさんいるのだと思う。
はたまたツイッターやインスタグラムを含めれば個人で文章を書いている人が何人いるだろうか。
そんなブラックホールの中で僕のこのブログを見つけて、そしてわざわざプロフィールを読んでくれる人なんてそうそういるはずがない。
だから見つけたからには、今すぐSNSで拡散して欲しい。
このプロフィールをトラジャコーヒーというカフェで黙々とキーボードを打っている。(流石にカフェでキーボードを打ちながら少し笑うわけにはいかないから、大学の小論文を書いているかのように退屈そうな顔を演じている)
キーボードを打ち始めるとなかなか止まらなくなる。
この感覚は2018-7-22以来だ。
ブログでも、なんでもそうだと思うのだが、書くことは苦しいことなんだと思う時もある。
孤独で、パソコンと向き合い、キーボードを叩き、コーヒーを飲む。
もしかすると、誰の目にも止まらないかもしれない言葉を淡々と打ち込む。
ただ僕が面白いと思える文章を書き、少し笑うために。
そして、あなたと出会ってしまった。
さあ、ツイッターを開こう。フェイスブックを開こう。
勝手に親指がシェアしようとしていることを体験して欲しい。
書くことで、僕の言葉が僕の道を作ってくれると信じて。
言葉が誰かの心に触れて、その誰かが僕を救ってくれると信じている。
さあ、拡散の時だ。

シェアして

シェアして

シェアして