英語

セブ島留学で失敗しないために【食事編】


 

どうもこんにちは、Fukuda.com(@fukuda_com_です!

 

セブ島留学特集、第2弾は食事です!

生活をする上で欠かせない食事ですが、国によって食べるものも味付けも文化も全く違いますよね。

そんなセブ島のご飯事情ですが、フィリピン料理はぼくの舌にはあまり合わないのかもしれません。笑

なんか脂っこく感じてしまうんですよね。

名前を忘れてしまいましたが黄緑色のゼリーみたいなのがフィリピンのデザートらしいですがそれがなんか独特な味で、色で少しハマってました。笑

見つけたらこれのことか!笑 と思って食べてみてください!

僕がその中でもよく行っていた店、オススメの店を集めてみましたのでもし機会があれば行ってみてください!

 


セブ島オススメの店4選


|ZUBUCHON (ズブチョン)|

 

 

フィリピンの伝統料理、レチョンが食べれるお店です。

いろんな店でレチョンは食べることができるのですが、ズブチョンで食べるレチョンが1番美味しかったです!

簡単にレチョンとは何か説明しておきますね。

レチョンとは、、、豚の丸焼きです!

レチョンはフィリピンとプエルトリコの国民食として愛されているみたいです。その中でもセブ島のレチョンがもっとも美味しいみたいでいろんな国からレチョンを食べにセブに来る人もいるとか!

セブ島に訪れた時はぜひ行ってみてくださいね!

 


 

|Pizza Republic(ピザ・リパブリック)|

 

 

内装がお洒落なこのお店は閉店していました。アヤラモールに入っていたのでそっちに行ってみてください。

ピザの具を自分の好きなトッピングにカスタマイズしていくことができて、すごく楽しいですよ!

 

 

美味しそうでしょ。笑

アヤラモールの店もシステムは一緒で店内もいいんですけど、道沿いにあったこの店の内装が好きだったなー

2回目セブ島に訪れた時になくなったと聞いた時は結構ショックでした。オススメです!

 


 

|Jollibee (ジョリビー)|

多分です。多分セブ島に住む人にセブを代表するファストフード店ってどこ?って聞いてみるとジョリビーだよって返ってくると思います。

あのマクドナルドが勝てないファストフード店、、、タクシーで移動しているといたるところに赤色の蜂さん?ジョリビーくんがいます。笑

安心感を覚える味と安さが愛される秘訣だと思いました。

たしか、たしかですがこれで70ペソぐらいだったかな?日本円換算だと150円ぐらいかな?

ジョリビーもセブに訪れた時は1度は行ってみてはいかがでしょうか。セブを感じられますよ!

 


 

|Night Market |

東南アジアと言えば?

そうですよねナイトマーケットですよね!(ほんとか?)

ここはITパークで週2ぐらい、、たしか火曜と金曜?土曜?記憶が。。

すみません、現地の方にナイトマーケットって何曜やってるの?と聞いてみてください。笑

いろんな屋台が並んで、日本の方も出店していました!(ラーメン奢っておらったなー)

 

こんな感じの雰囲気です。8割ぐらいが現地の方でした。

 

生演奏やトークなどもあって面白かったです。

 

これがレチョンの切り落とし。

東南アジアの雰囲気、日本ではなかなか味わえない雰囲気のナイトマーケット。ぜひ一度行ってみてくださいね!

 


終わりに


なかなか日本では味わえない味や雰囲気の中で食事をすることも海外旅行・留学の一つの醍醐味ではないでしょうか。

その国の食べ物から文化を感じ取ることも勉強!

不味そうだなと思っても少し口に入れてみることで、一次情報として語れます。ためらわず目を塞いで、1、2、3で口に入れてみてください。バロットも見た目はちょこっとあれですが。笑

案外僕はいけますよ。笑

楽しいセブ島ライフをお過ごしくださいね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。それではまた!

 

セブ島留学で失敗しないためにシリーズ

第1弾:事前勉強編