セブ留学で失敗しないために【自分探し編】


 

どうもこんにちは、Fukuda.com(@fukuda_com_です!

 

なんとなく今の自分のままでは、、、

新しい自分を見つけたい、、、

生まれ変わりたい!(ちょっと大袈裟か)

なんて思う時期が人生に一度や二度あるかと思います。

自分もそんな時期があった一人です。セブ島留学を経て僕が僕に出会えた日を共有できればと思います。

 

セブ島 ボホール島

 


自分を探せ、本当の自分とは何か?


僕の学生の頃のエピソードをまとめた続編のような形にもなりますので、気になった方は是非こちらも一度読んでみてください。

こちらをポチっ!

そして、2016年8月8日夜。灼熱の韓国トランジットの旅を終えた深夜1時頃、セブ島に着きました。

 

もう、ここがどこだか忘れた。ただ暑過ぎて死にそうになってたことだけ覚えてる。

 

その頃の自分は、3週間の留学で英語を話せるようになると思っているどころか、何を考えていたか覚えてないぐらい浮かれていました。

部屋に着いたのが深夜3時頃で次の日の起床が6時過ぎ。早くその日が終われと思いながらの初日でテンションは下がりまくり。

オリエンテーションが終わり、バッチメイト(同じ日に入学した方)にランチで何言ってたのか5秒ぐらいしかわからなかったと言っていたのを思い出します。

入学初日にテストがあるのですが、僕が作文で3行ぐらいしか英文をかけない中、右斜め前に座っていた(のちに凄くお世話になった)Kさんは全行フルで埋めていてお腹が痛くなりました。

 

留学中に仲良くしてもらった2人。元気で過ごしていますように!

 

そんな僕が今、一つだけ言えることがあります。

「ボコボコにされて、15分ぐらい落ち込んでそこから立ち上がればいい。」

僕は初日だけでとにかくボコボコに打ちのめされることができました。

悔しい思いをして、それでも笑って、寮に帰って1フレーズでも覚えて次の日使ってみて、通じて嬉しくなって、また覚えて・・・

その繰り返しの中で成長して行く自分を楽しむことを見つけられた。そして、それこそが僕のスタイルなんだと痛感したことが今の僕に繋がっています。

 


英語不要論について一言


 

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」を観た方もいるのではないでしょうか。

ビートたけしさんが日本人として出演していて、他国の演者さんに日本語でバンバン話します。

音声を転送中にその人がわかる言語に処理することで、どこの言語を使っていても伝わるような状態なわけで本当に未来を感じさせてくれる映画なんですが。それに最近ではたぶん性能のいい、ボイストランスレーションのアプリも開発されてきていますが。

はい、そんな翻訳こんにゃくのような近未来道具を待望するよりも、簡単な英語ぐらい自分で話せるようになった方がいいに決まってる。というのが僕の意見です。コミュニケーションで変な間ができてしまったり、少し違ったニュアンスに変換されたりとなると本末転倒です。

 

留学や英語学習を迷ってる暇があれば、ささっと身につけちゃった方が、自分のためになると思います。

簡単な英会話さえできるようになってしまえば、一人で海外に旅行に行った時も安心して楽しむことができると思いますしね!

 

3週間目頃には素敵な先生たちと友達に恵まれました。ほんとに帰るのがイヤになるぐらいです。

 


留学中に気をつけたいこと


 

語学留学はほんとに素晴らしい方々と出会うことができます。

それでも高いお金を払って行くのだから英語を少しでも話せるようにならないと行った甲斐が後々振り返ってみてなくなっちゃいます。

ですが僕は群れるな!なんて言いません。言いませんが、なるべく現地で出会った人と過ごした方が日本語を制限することができるし、もっと深くその国の文化や人を知ることができることは事実です。

楽しみ方は人それぞれですし、自分の過ごしたい環境をいかに早く作ることができるかが、留学期間中に得ることが多くなるか、ただ日本人の友達がいっぱいできて旅行になっちゃった。笑

というような留学になるかの分かれ目になるかといろんな人を見てきてもね、感じることが多かったです。

 

一度外に出てみて、あとは自分の思うがままに生きればいいのです。

 


終わりに


 

今の時代、留学に行かなくてもオンラインで英会話学習はできます。

それでもねー。留学にはまた違った魅力があるんですよー。環境も全然日本と違うし、同じ目標を持った人や異次元の人(魔術師)とか普通に生活してては出会うことがない人と出会えるのがまた一つの楽しみでもあります!

第四弾では自分探し編としてしましたが、人生に悩んでいる人や何かちょっとしたキッカケが欲しい人にも、英語なんて興味ない人でも一度行ってみれば、何か新たな発見があるのかもしれません。

この記事を読んでね、一人でも留学に行く決心ができた!なんて方がいれば幸いです。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。それではまた!

 

セブ留学で失敗しないためにシリーズ

第1弾:事前勉強編

第2弾:食事編

第3弾 : 持ち物編